豊かな自然に恵まれた前川保育園

イメージ:ページタイトル

★ 仏さまをおがみます〜仏さまはいつもおそばにいてくださることを知る〜 [ 平成26年5月 ]

イメージ: 気持ちのよい5月の日になりました。保育園の裏に広がっている田んぼは「田植え」が始まりました。みなさん、忙しそうに田んぼを行き交っています。こんな様子も間近に見せていただいて、前川保育園の子どもたちはしあわせだなぁと思います。散歩に行くコースもバラエティーに富んでいて、おたまじゃくしを見つけたり、道ばたの花を摘んだり、土手を転げ回ったり、電車に手を振ったり、いろんな経験をさせてもらっています。あらためて園を取り巻く「自然」に感謝!です。
 さて、今年度が始まって1ヶ月が過ぎました。新入園のお子さんも新しい環境にずいぶん慣れてくれました。これから楽しいことがたくさんありますよ。元気に登園していろいろなことに挑戦してくださいね。お家の方のご協力どうぞよろしくお願いいたします。親子遠足や個別懇談会がありますので、そんな機会も利用して、園とお家の方とよ〜くコミュニケーションを取っていきたいです。お願いします。


イメージ: 今週に入って欠席児がぐっと減りました。よかったです。寒暖の差が大きくて、特に小さな子どもたちは熱を出したり咳の子も多かったですが、一段落でしょうか?油断しないで、降園後や休みの日には十分に休養を取ることをこころがけてくださいね。子どもたちが元気に登園してくれることを願っています。


イメージ: 保育園にもずいぶん慣れてくれましたね。4月の終わり頃だったか、あるお家の方に「保育園では涙も減ってずいぶん慣れてきましたよ」とお話ししたら、「いえ、家では『行きたくな〜い』って寝言を言うんですよ」と言われてしまって、正直ショックでした。一見大丈夫に見えても、子どもの不安や悲しみは実は深いのだと、あらためて思い知らされました。それからまた時を重ねて、その子もまた少しずつ慣れてくれています。嬉しいです。子どもたちが安心して保育園で過ごせるように、私たちもさらに心を配っていきたいと思います。


イメージ: 今年も花いっぱいの活動が始まりました。水仙が咲き、ちゅうりっぷが咲き、芝桜の鮮やかな色が目を楽しませてくれました。そして園の周りには、パンジーやビオラやなでしこが、まだまだ色あせずに咲いています。きれいですね。
畑に目をやると・・・じゃがいもが芽を出しました。きゅうりの苗も順調に育っています。そしてとうもろこし畑もあるんですよ!さて、どこにあるでしょう?わかりますか?お家の人と一緒に見てくださいね。「パンジーさん、きれいなお花ありがとう」と声をかけると、花や野菜は本当に元気になるんですって。知ってた?お家の人と一緒に声もかけてくださいね。
 今年もさくら組さんが中心になってお世話してくれます。さくら組さん、よろしくお願いします。楽しみにしています。


今月のまことの保育

イメージ:今月のまことの保育 (さまってどんな人?それはみんなのお母さんのような人だよ。みんなのお母さんはみんなのことをいつも見ていて、「かわいいね、いい子だね」と大事に大事に育ててくださっているでしょ。仏さまも、いつでも、どこでも、どんな時でもみんなのそばに居て、みんなのことを見ていてくださっているんだよ。だから、仏さまに感謝してしっかりごあいさつしようね。背中をピッと伸ばし手をしっかり合わせて、「仏さま、おはようございます」。できるかな?入園して初めて手を合わせるお友だちもいると思うけど、少しずつ慣れてほしいと思います。お願いします。

∪萋花祭りがありました。今年度初めておみ堂に行ってお参りしました。みんなが作ったお花をお供えし、花御堂の中の誕生仏に甘茶をかけて、お釈迦様のお誕生をお祝いしました。理事長先生のお話:お釈迦様は生まれてすぐに7歩歩き、『天上(てんじょう)天下(てんが)唯我独尊(ゆいがどくそん)』とおっしゃいました。どんな人も一人ひとりが独自の尊さを持っている、という意味です。みなさんは誕生日があるでしょう。その日に、みなさんは一人ひとりが尊いいのちをもらいました。『唯我』は「だれにも代わってもらうことのできない私」という意味です。だから、一人ひとりが輝けるように、自分のいのちを大事にし、他人(ひと)も大事にしなければなりませんね。

お知らせ:小出由佳先生が5月19日から産休に入ります。元気な赤ちゃんを産んでくださいね。また吉野靖子先生がふたば0才児組に来てくださいます。よろしくお願いします。


イメージ:ボタン

社会福祉法人 心耕会 前川保育園
〒940-1147 新潟県長岡市前島町211
TEL.0258-23-1527 FAX.0258-23-1602
E-mail.washio@vega.ocn.ne.jp