豊かな自然に恵まれた前川保育園

イメージ:ページタイトル

★ 20年8月号 [ 平成20年8月6日 ]

れんげ        今月のまことの保育: 反 省 〜すみません〜

イメージ:れんげ        今月のまことの保育: 反 省 〜すみません〜  毎日暑いですね。夜も寝不足になりがちですが、子どもたちは朝から元気よく飛び回っています。頭から汗を流して顔を真っ赤にして、お友達と遊ぶのがいかにも楽しいというような笑顔です。嬉しくなりますね。子ども達から元気をもらいます。
 さて、今日はヒロシマ原爆の日。保育園でも長岡空襲の話をして「ぼくもわたしも戦争を二度と繰り返してはならない。」と話しました。戦争を繰り返さないためには、戦争の悲惨さを少しでも多く子どもたちに伝えていくことが必要です。いろいろな機会を通して子どもたちに伝える努力を、お家の方にもお願いしたいと思います。寺の行事で暁天法座がありますが、特に9日(土)は保育園が担当で、戦争を語り継ぐ活動を行います。どうぞお家の方もご参加ください。朝早くて大変ですが。


お泊まり保育

イメージ:お泊まり保育 保育園初めての企画です。さくら組が挑戦します。8日の午後6時に集まって、カレーを食べ花火などを楽しみます。9時就寝。親元を離れて寝ることができるかな?私たち職員もわくわくドキドキです。次の日は早起きをして暁天法座に参加します。みなさん、さくら組のお泊まり保育、応援してください。


子どもたち同士、「ちゃん」や「くん」を付けて呼び合いましょう!

イメージ:子どもたち同士、「ちゃん」や「くん」を付けて呼び合いましょう!  今まで職員の間では子どもを呼び捨てにしないことを原則にしてきました。でも子ども同士呼び合うときには呼び捨ても多く、小さな子が大きな子を平気で呼び捨てすることも多くありました。それを今回改めて、みんなが「ちゃん」「くん」を付けて呼び合うことにしました。お集まりの時に呼び合ってみました。「〜くん」「〜ちゃん」・・・と。自分の名前が呼ばれることはそもそも嬉しいものですが、その上に「〜ちゃん」「〜くん」と呼ばれて、ちょっとくすぐったいような照れた顔になりました。そして嬉しそうでした。
 以前『ふわふわ言葉』と『チクチク言葉』について話しましたが、お互いに優しい言葉でやりとりすれば優しい気持ちになれますね。今回の「ちゃん」「くん」もこの一環です。お互いに相手を尊重する気持ちを込めて呼び合いましょう。


収穫いっぱい

イメージ:収穫いっぱい  西陽をよけるためにふたば組のベランダに植えたゴーヤはすくすくと成長し、今や立派なグリーンのカーテンになりました。緑濃い葉っぱや涼しげな黄色の花が私たちを楽しませてくれています。そして副産物と言っては失礼なほど実もたくさん成りました。一度給食でいただき、昨日はさくら組の子どもたちが1本ずつ持ち帰りました。ゴーヤの成長をみながら順々にうめ組・たんぽぽ組・・・が持ち帰りますのでお楽しみに!子どもでも喜んで食べましたよという調理法をぜひご紹介ください。お待ちしていま〜す!
さくら組が世話しているピーマンとミニトマトもたくさんの実をつけ、ほとんど毎日給食でいただいています。収穫するたびに何個穫れたか記録もしているんですよ! 楽しみです。子どもたちや先生方がこまめに手入れをしてくれているお陰もありますが、自然の恵みに感謝ですね。


花いっぱい

イメージ:花いっぱい  園舎前の石垣も花壇によみがえりました。ミニヒマワリ・ポーチュラカ・ベゴニア・カンナ・マリーゴールドなど色とりどりに咲いています。今年は今までになく花の種類も多く、しかも種から育てたものが多かったです。種をまき双葉が出てきてそれがだんだん大きくなっていく様子を、子どもたちは喜びをもってみてきました。ありがとう、お花たち。ありがとう、野菜たち。


今月のまことの保育     反 省 〜すみません〜

イメージ:今月のまことの保育     反 省 〜すみません〜  わたしたちはつい自分中心の考えになってしまいます。いろいろな人やもののお陰で生かされていることに感謝する身であると思っているのに、ふと気づくと自分中心の「わたし」がそこにいます。自分を振り返って反省し、感謝しながら日々を送る人生でありたいと思います。
 とは言っても、いつも心を平静に保つのは難しいことですね。特に子育てをしながら仕事を頑張っておられるお母さんお父さんはご苦労も多いことと思います。自分たちだけで子育てしなければならないと頑張れば頑張るほど、つい「カーッ」となったり「キーッ」となったりして、感謝の日暮らしどころではなくなるでしょう。
 ないおんの1面で尾木先生は『子育てはみんなの力で』と言っておられます。みんなで子育てし合える地域をつくっていきましょうという提言です。地域の一員として「子育て応援します!!」みんなが助け合えるといいですね。


イメージ:ボタン

社会福祉法人 心耕会 前川保育園
〒940-1147 新潟県長岡市前島町211
TEL.0258-23-1527 FAX.0258-23-1602
E-mail.washio@vega.ocn.ne.jp