豊かな自然に恵まれた前川保育園

保育だより「れんげ」

前川保育園

★ いのちのつながりに気づき、おかげさまのこころを育む [ 令和元年8月5日 ]

保育参観

 先月は幼児組の保育参観がありました。お御堂で「まことの保育」をテーマにした理事長講話を聞いていただき、その後それぞれのクラスでお子さんの保育参観・保育参加をしていただきました。
 子ども一人ひとり、本当に違いますね。その一人ひとりの良さを認め、共にお互いが敬い合って生きていければいいなぁと、改めて思っています。子ども一人ひとりの目の輝きがますます輝きますように、保護者の方とともに努めていきたいです。


プール遊び

 毎日暑いですね。子どもたちはプール遊びをとても喜んでいます。「先生、見てて!」と、顔をもぐらせたり、ワニ泳ぎを披露したり、バタ足をして見せたり。早くプールに入りたくて、着替えもみんな頑張っていますよ。
 「~したい!」「~が好き!」という子どもの気持ちは大事ですね。「好き!」と言えるものが、この夏たくさん育ってくれるといいですね。


野菜の収穫 最盛期

 さくら組のお当番さんが毎朝収穫してくれます。暑いので、顔を真っ赤にして、頭を汗びっしょりにして、その汗を拭き拭き、今日は〇個とれたよーと教えてくれます。
 給食の時間になると、前川保育園名物『ピンポンパンポ~ン⤴』が始まります。「今日の給食に入っている○○は畑でとれました。残さず食べてね。今日の放送当番は□、□、□、□、□でした。ピンポンパンポ~ン⤵」お当番さん一人一人の名前がスピーカーから聞こえると、「あっ、わたしのお兄ちゃんだ」「あっ、ぼくのお姉ちゃんだ」と小さなクラスも盛り上がります。「これはさくら組さんがとってくれた○○だね」と給食の中から見つけ出して、野菜も頑張って食べる子どもたちです。
 さくら組さん、ありがとう。そして片桐さん、毎日毎日ありがとうございます。


平成30年度事業および決算

理事会および評議員会で承認されました。これらを玄関フロアに掲示しました。どうぞご覧ください。


過去記事一覧