豊かな自然に恵まれた前川保育園

保育だより「れんげ」

前川保育園

★ 仏さまをおがみます [ 平成31年4月 ]

ご入園ご進級おめでとうございます

 いよいよ明日は前川保育園の入園式・進級式。保育園の準備も整いました。みなさん、どんな表情で登園してくれるかなぁ?
ニコニコしているといいなぁ。楽しみにして待っていま~す!
 進級したみなさん。お部屋はどこかな?担任の先生は誰かな?ドキドキするでしょ。新しいお友だちもいますよ。新しいお友だちにはいろんなことを教えてあげてね。またなかよく遊ぼうね。
 新入園のみなさん。前川保育園にようこそ!お母さんと離れるのは悲しいけど、早く先生に馴れてお友だちを作って、元気に保育園に来てくださいね。

 保護者の皆様:お子様のご入園ご進級おめでとうございます。お子様のこれからの成長が楽しみですね。162名のお子様を確かにお預かりいたしました。
2つの安心、1つは「お子さんにとって安心できる場所」であること、もう1つは「お母さんたちが安心して預けられる場所」であること、この2つの安心が実現できますように、私たちは誠心誠意努めます。お子様の成長をお母さんやお家の方と一緒に見まもり、その喜びを分かち合いましょう。ご心配なことがありましたらぜひ声をかけてください。よろしくお願いいたします。


園の基本方針

 保護者会でお話しさせていただきましたが、当園の基本方針を
再度確認させていただきます。『入園のしおり(保存版)』をご参照ください。

○保育理念 : 子どもたちの健康と安全、しあわせを最優先する保育をめざします
子どもたちの健康と安全を守ることは最も基本的なことです。その上で、子ども  たちのしあわせとは何でしょう。子どもたち一人ひとりが「自分は愛されている」  「自分は大事にされている」と実感できることではないでしょうか。「だめな子  は一人もいない。一人ひとりが大事な子」という理念を私たちは  どんな時にも見失わずに、保育していきたいと思います。

○保育目標 : 仏の子 強く 明るく のびのびと
子どもたちはみんな「仏さまの子ども」です。悪い子なんか
  一人もいません。仏さまに見まもられながら、一人ひとりがいのちを輝かせて、  強く明るくのびのびと育っていけるようにお手伝いしていきます。

 以上のような理念や目標に基づいて保育活動をすすめていきます。保護者の皆様のご協力どうぞよろしくお願いいたします。毎月、保育だより「れんげ」とクラスだよりおよびフォトレターを発行します。また家庭と園を結ぶ連絡帳があります。有効に活用していきましょう。



まことの保育について

前川保育園は浄土真宗本願寺派保育連盟に加盟しており、通常の保育活動に加えて「まことの保育」を実践しています。
 「仏さまはいつもみんなといっしょだよ」「みんな元気でいられるのは、食べ物のいのちをもらっているからだよ」「自分が大事なら相手も大事。どんないのちも大事。お友達となかよくしようね」「お手伝いすると気持ちがいいね」こんな気持ちが子ども達の中に育っていってくれたらいいと思います。
 また、保育連盟発行の「ないおん」を保護者会で購読していただいています。子育ては喜びも大きいですが、その一方で苦労や悩みもつきものです。そんな時、「ないおん」にハッと気づかされたりヒントをもらえたりするかもしれません。ご愛読ください。


まことの保育 今月は~仏さまをおがみます~

保育園では手を合わせて「ほとけさま、おはようございます。」散歩に行くときは「ほとけさま、行って参ります。」のようにごあいさつします。また給食やおやつをいただいた時は「食べ物のいのちをもらって、ありがとうございました。」とごあいさつします。仏さまに手を合わせることで、敬いの心やありがとうの気持ちが育ってほしいと思います。最初は慣れないおともだちもいるかもしれませんね。自然に手を合わせられるようになってくれるといいなぁ。



新1年生入学おめでとう!


 この春卒園した33人の子ども達は、前川小学校、宮内小学校、
上川西小学校、総合支援学校と4つの小学校に分かれて入学します。
 新1年生のみなさん!新しい場所、新しいお友だち、新しい先生、楽しみですね。ピカピカのランドセルをしょって元気に通ってくださいね。


過去記事一覧