豊かな自然に恵まれた前川保育園

保育だより「れんげ」

前川保育園

★ 互いに助け合って生活することの 喜びや心地よさをあじわう [ 平成31年3月 ]

3月もなかばになりました。来週には修了の会があり、23日はいよいよ卒園式です。「さくら組の子どもたちとももうお別れか」と胸キュンになりますが、子どもたちはいつもと変わらぬ元気さで過ごしています。
 子どもたちはこの1年で本当に大きくなりましたね。身体だけではなく、気持ちも優しくたくましくなりました。お友だちとなかよく遊び、先生の話をよく聞き、「ごめんね」「いいよ」「ありがとう」が自然に言える子どもたちに成長してくれました。嬉しいことです。
 修了や卒園を区切りにして、これから先に何が待っているのだろう、何が始まるのだろうと、大きな期待を持って次の一歩を踏み出してほしいと思っています。


みんなと出遇え(あえ)てうれしかったよ。ありがとう!!
また新たな出遇いが楽しみだね。ワクワクするね!


今年の1月からお集まりで「わたしと 小鳥と 鈴と」(金子みすゞ詩)を手話をつけて歌ってきました。子どもたちも少しずつ覚えてくれました。最後のフレーズ『みんな ちがって みんな いい』の手話をどうか忘れないでいてくださいね。自分を大事に生きてほしいと思っています。
 さくら組さんが「みんなのいいところ」を探しました。「元気いっぱいなところ」「ダンスが上手」「やさしくしてくれる」「おとうばんを頑張っている」「いつもにこにこしてる」・・・たくさん見つかりました。いいところを教えてもらうと、とってもうれしいね。みんなの顔が輝いていました。
 さくら組さん、卒園おめでとう!そして、うめ組さんたんぽぽ組さん
ちゅうりっぷ組さんふたば1才さんふたば0才さん、修了おめでとう!
 保護者の皆様、お家の方々、この1年間多大なご理解のもと保育園の活動にご協力いただき、ありがとうございました。心より感謝申し上げます。


過去記事一覧